つるの剛士の子供が障害!?名前はかいと?学校名は湘南学園インター?

N0026226

つるの剛士の子供に障害?何人いる?

名前はかいとで学校名は湘南学園?インターナショナルスクール?

年齢は何歳で小学校は?

スポンサードリンク



 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク



つるの剛士 子供 名前 かいと 何人

つるの剛士のWikipedia風プロフィールはこちら↓↓


 

本名:靏野 剛士

出身地:福岡県

身長・体重:178cm/64kg

年齢・誕生日・血液型:39歳・5月26日・B型

高校:都立大泉北高校(現大泉桜高校)


 

つるの剛士さんがブレイクしたのはやっぱり「クイズ!ヘキサゴンⅡ」ですね!

島田紳助さんがMCで、おバカタレントを集めて珍回答連発で面白い番組でした^^

番組内で色んな歌手ユニットを出していて、つるの剛士さんは「羞恥心」のリーダーでもありました!

メンバーには上地雄輔さん、野久保直樹さんがいました。

 

つるの剛士さんの歌唱力は素晴らしくて、羞恥心解散後はソロ活動もして歌番組にもたくさん出演!

有名なのはプリンセス・プリンセスの「M」ですね!

力強い歌声でもう感動モノです><

 

元々は俳優さんで、ウルトラマンダイナの主人公で知名度はそこそこあったようです。

高校2年で東京宝映に入団してエキストラなどをしたり、高校の時に同級生と劇団キティママ社を立ち上げて小劇場で公演をしたりしていたそうです。

 

2003年には一般の方と結婚しました!

嫁さんは遠藤美紀さんと言うらしく、元スタイリストだそうです。

つるの剛士さんと交際を始めてから3ヶ月で結婚したというスピード婚!

 

現在子供何人いるのかというと4人!

1男3女です!

長男は詠斗くん

長女はうたちゃん

次女はおとちゃん

三女はいろちゃん

だそうです!

 

ちなみに、「かいと」という名前が結構検索されてたみたいですが長男の子供の名前は「えいと」と読むみたいです。

 

つるの剛士さんはまだまだ子供が欲しいみたいなので、何人兄弟になるか楽しみですね!

年齢 何歳 小学校 学校名 湘南学園 インターナショナルスクール

子供の年齢何歳かというと、上から

9歳

8歳

6歳

4歳

だそうです!

 

小学生ですね~^^

となると気になるのはどこの学校に行ってるか!

次女で6歳のおとちゃんはなんとインターナショナルスクールに行ってるそうです!

理由は保育園に空きがなかったからだそうですが、

そのおかげで英語がメキメキと上達していってるそうで^^

子供の成長スピードは計り知れません!

以下、つるの剛士さんのコメントです。

「今日、何食べたい?」って聞いたら「Bread」と答えたり、「Daddy Love Love」なんて書かれた手紙をくれたりもするし、日に日に英語がうまくなっているんです。 僕はついていけてないんですけど(笑)。偶然とはいえ、面白い選択だったなと感じています。

小学校や中学校もこのままインターナショナルスクールでいいかなとも思っていて。いつか家族で海外に行ったときに、通訳役になってくれたらいいですね(笑)。 四人も子どもがいるんで、そんな子がいても、いいですよね(笑)。

すごいですね~^^

このままインターナショナルスクールでいいと思いますよ!笑

 

さて、他の子は学校どこなんでしょうかね~

噂では学校名湘南学園が有力ですけどね!

理由は湘南に引っ越したというのもあるでしょう。

 

つるの剛士さんはサーフィンが趣味で、そのことで子供に

「海の近くに住めばいつでも行けるよ!」

と言われたのが決めてだったそうです^^

単純(笑

 

で、湘南学園に子供を入れたんじゃないかってことですね。

湘南学園は小学校・中学校・高校まで一貫ということもあり、有名人としては気楽になれるのかな?とも思いました。

つるの剛士 子供 障害

はい。こんな噂がありました。

つるの剛士さんの子供は障害を持っている?と。

 

その病名は

「ウィリアムズ症候群」

「自閉症」

だそうで。

 

これ本当かな~と調べてみると

つるのはつるのでも「一般の方」のつるのさんでした。

一般の方のつるのさんがブログをやっていて

そこにお子さんの障害について書かれていたそうです。

 

長男がウィリアムズ症候群で

次男が自閉症だそうです。

 

あ、この時点でつるの剛士さんに男の子供は長男だけなので違うってわかりますね^^;

お二方ともに子供を愛してがんばってくれたらと思います^^

▼次のページはもっとすごいかも・・・
1 2・・・>>次のページへ

スポンサードリンク





人気の関連記事はこちら

コメントを残す